近 況



2018/02/13
はるみというミカンがある。
小袋(「じょうのう」と言うらしい)の皮が極めて薄く、中の顆粒(「砂じょう」と言うらしい)はしっかりと粒形を保ち歯ごたえ良く、そして甘い。
大きいのは4L(握りこぶし大くらい)ほどになり食べでがある。(大きいほど味が薄くなるのだがその分果汁も多い)
皮になんかほのかにケミカルな匂いがあって、柑橘の芳香を楽しむには 向いていない。
そんな感じの柑橘。
基本的にはミカンの上位版である。うまいミカン。

知り合いに二人、毎年箱買いするほどこのミカンが大好きな輩がいるの だが
よくしたものでJA清水は毎年「はるみ解禁日」を事前に告知、はるみ 大好きっ子共はそれに合わせて清水に買い付けにやって来るのが
例年の慣わしであった。

んで、今年の柑橘不作である。

本年は解禁日の告知が遅れに遅れ、我々が事前に入手した情報は「・・・10日・・・ かな?」「10日・・・かも」という
極めてあやふやなものであったため、
件の2月10日、河岸の市で海鮮丼と焼き牡蠣などを嗜み「多分まだだろうけどちょっと覗いてみっか」などと薄ら笑い軽い気持ちで
向かった眼前に燦然と箱積みされたはるみが顕現したので我々は大いに うろたえた。時間は午後2時ほどである。
事前情報は真に正しく、まさにこの日がはるみ解禁日であったのだ。

喜ぶ我々。しかし良く見よその箱を。
様々な郵送先が書かれた紙が張ってある。そう、驚くべき事に全て売約済みではないか。

我々はJA清水系直売店を三軒テリトリーとしているが、そのほぼ全てではるみ完売。午 前中ではるみ完売です。大手壁サークルか。

運転手のはるみ大好きマンから「今年ははるみ手に入らなくっても別にいいかな、なん て」などと
手に入らなかった場合の心の平穏をなんとか保とうとする酸っぱい葡萄的負け惜しみ発言が飛び出すあたり
今年の柑橘不作の影響を実感せざるおえない。


んで、実は結果的には手に入ったのである。はるみ。箱で。
正確にはいつもの正規のはるみ箱ではなく、農家さんが追加で卸した無選別のまったく のイレギュラー箱が少数残っていて
そいつをはるみ大好き運転手が鬼の形相三箱買い占めたのである。
二箱は自分用。もう一箱はこの場に居なかったもう一人のはるみ大好きマ ン用。
これで10日の清水JAはるみは滅びた。


もう「俺の今年の仕事、終わり」みたいな満ち足りた顔してる運転手か らはるみを半分貰って食べてみる。
うむ、変わらずうまい。
しかしながら、でもまあ言うても高くてうまいミカンなので、なんであ の二人がそこまで目の色を変えるのかようわからんが
私も太田ポンカンで似た様な事やってるのでそこは言わないでおくこと にする。




2018/02/03
この一週間はモンハンばっかりやってたのでモンハン小話。

今の私の自キャラ、アップだとこんな感じ。

もんはんじきゃら

二時間ぐらいキャラクリやって、しかも一回作り直して
ようし!いざモンハン!ってフィールドに出たら
なんか自キャラに良く似た吉田沙保里がそこにいた。

しばらくやってメガネが手に入ったので
ようし!イメチェンだ!とかけてみたら
なんか吉田沙保里小島監督になった。

こじかん

カプコンは自キャラとして女装したコジカン操作してる俺の身にもなっ てほし い。

あんこう

でもまあフンコロガシ陸生アンコウがかわいいので許そう。



web 拍手
   キャリバー6にシャンファ出ちゃいますよ!赤黒に期待せざるおえない
   毎度の悪墜ち商法はそろそろどうかとも思いますが
なんというピュアな見解!私はU信者なので、そこから連続三回裏切られたシリーズへの期待はさすがにもうしません。
時代は見た感じどうもUの2〜3年前みたいですが、どうですかねえ。原典回帰の意気込みなら良いんですが。
PVで8ウェイラン見せてくれればまだ良かったのに。




2018/01/23
はらりんさん新車を購入、慣らし運転かねて友人達と富士までご飯を食べに行く。

しびっく?

ちなみに私は車に関しては脳回路が閉鎖されてしまうので、車格とか名 前とかさっぱり分からない。
おおよその形と色でしか区別してないのでまったくもって 見せる甲斐の無い事この上なかろうなとすこし申し訳なく思う。
ちなみにこの車のコンパネは未来チックで格好良い。後は独自の音声案内があればSF パイロット感が揃うんじゃないだろうか。

昼食後、特に予定が無かったのでその場ノープランで沼津港深海水族館に行く事が決定。
私とはらりんさんにとっては三度目、結構久しぶりである。


いざ水族館に到着してみると、驚いた事に館内は大入り満員であった。
はらりんさんと「こんなマニアックな水族館、一年もたないからすぐ行こう」つっ て見に行った一回目とはもう雲泥の差である。

みつくりえながちょうちんあんこう ミツクリエナガチョウチンアンコウ液浸標本

以前とは水槽の配置も少し変わっていて、
深海の地味な奴→近海のカラフルな奴→深海の地味な奴みたいな一般人を飽きさせない配列の工夫や、
かつて入ってすぐの水槽に居たダイオウグソクムシが人気を考慮しての 焦らし効果のため
(後おそらく日光対策)か二階の奥の部屋に移ったりしている。
あと二階にあった謎の昆虫ブースも無くなって、当時の面影は無理矢理ぎみの説明ハリモグラ達が残るのみである。

だいおうぐそくむし ダイオウグソクムシ透明骨格標本

館内の雰囲気も小奇麗で垢抜けており、開館当時の学祭の出し物と五十歩百歩み たいな隙は微塵も残ってはいない。

さめ サメ剥製標本

らぶか らぶかー

みつくり みつくりー

おんでん おんでーん

かつてこの水族館で話題になった生物達は、死してなお出来のよい標本と して復活展示されている。
入れ替りが激しいがゆえに、この先の標本の充実は約束されていると言 えよう。

だいおういか

購買ブースに置いてあったダイオウイカぬいぐるみ。8000円くらい。うーんちょっと欲しい。

だいおうぐそくむしぼうし

代わりに買ったダイオウグソイクムシ帽子。ハンダみたいな金属で刺繍がしてある。2500円くらい。
帽子かぶる習慣はないのだが、格好いいのでつい買ってしまった。


沼津港深海水族館。この人気ならばもう潰れる心配はしな くて良さそうだ。
でも、かつての様に押し生物水槽の前に陣取ってずーっと眺めるという 贅沢が難しくなったのがすこし残念だななんて
勝手な事を考える。

周囲

ちなみに水族館周囲は簡単に言えば食事所と魚屋の集合状態なので
そういうところをそぞろ歩くのが好きな人にとってはかなりオススメの観光スポットである。




2018/01/15
年末に実家から送ら れてきた援助物資の中に
シシ肉があったのでボタン鍋としゃれこむ事にする。

ししにく

日之影町産、鉄砲猪小間切とある。
イノシシ肉ってもう少し値が張った記憶があるのだが、これは思っていたよりお手ごろ価格。

ぼたんなべ

キノコの他にゴボウだの手 もぎコンニャクだの入れて、味噌ベースで鍋にしてみ る。

鍋にしちゃうと多分ほとんどのものがおいしくなっちゃうので
素の味を見ておくため普通に焼いたのを少し食べて見ることにする。

ししやきにく

脂肪層が厚い。びらんびらんしてる。
私の知ってるシシ肉はいつもすね毛の剃り残しみたいな黒い毛根が表皮上に点々と分布していたものだったが
今回見た限りでは毛の存在を匂わせるものはなにもない。匂いもジビエ的なガツンとくる感じではなく、あくまで流通する食肉の範疇内。
よほど処理がしっかりしているようだ。というか、普通に豚肉・・・と言うか牛肉にしか見えない。

とりあえず塩コショウでいただく。
噛んだ瞬間驚いたのが、皮部分がすげえ硬い事。
肉の味としては実際処理がしっかりしすぎていて言うなれば期待より薄く、俺シシ 肉ッ!っていう味のパファーマンスが足りてないのだが
とにかく皮部分が硬い。例えるならやや肉厚のスルメを噛み切るに等しい。噛み切る間にもジャグっと脂肪層が音を立 てて割れ、喜びの脂が流れ出す。
皮・脂肪・肉のバランスイメージとしては鯨肉が近い。うまい。


そうこうしてる間に鍋が煮えた。

ぼたんなべにえ

「あーぶくたった煮え立った」と歌いながら作ったが、そ もそもの肉の下処理が徹底しているのか
気にするほどアクは出ない。

ぼたんなべよそい

うまい。
やはり普通にうまい。というか非常にうまい。

いつもは魚介中心ゆえ鍋を味噌ベースで作らないのだが
鳥獣具材時のこの味噌の安定感はどうだ。強い肉にコテコテの味噌で旨さ濃度が乗算される。
大豆パワーとシシ肉に野菜ときのこが絡まり、まとめて食 べれば噛みしだく脂にみるみる活力がチャージされるのが分かる。

これはいいや。食に明らかな力がある。
新年早々うまいものを食べれて今年は幸先良好である。




2018/01/08
遅くなりましたがあけおめことよろ。

はつひので

いつもの場所でいつものご来光。
本年度もよろしくお願いします。

・・・引きで撮ってみたので写真にはたくさん人が写ってますが
今回、大晦日から元旦にかけて珍しく一人でした。
いつも来る連中が今回に限って直前で発熱しドタキャン。
その連絡の受け取りに失敗したもんだから「準備してるのにだーれもこない」という
星飛雄馬のクリスマスパーティ状態に。
おいこのストーブに満タンにした灯油どうすりゃいいんだよ!俺は人間なんだぞ!(使えよ)

でもまあ今回いつもはやらない二年参りとかできたので
一人の大晦日もこれはこれでよし。強がりじゃない!強がりじゃないぞ!



web 拍手
   今年は柑橘系がうんこ高いので困ったもんです
全部若干割高なスーパーとかに流れちゃってますね。
この時期は柑橘系もっしゃもっしゃ喰いたいのに
一年に一回しかない旬のものが不作だと結構がっかりしますな。

   遅ればせながら『LeviAThaN完全版総集編1海神』購入いたし ました。
   紙の単行本は以前友人に読ませてもらったのですが、本当 に加筆しまくりなのですね…
   早く次が読みたい〜とか口が裂けても言えませぬ…
ありがとうございます。いやもうほんとすみません。
主に作画の補強と、もの足りないと感じた部分のエロの尺をテンポを損なわない範囲で埋めているのですが
こんなんでも悩んでどうにも時間がかかってしまいます。

Mess




2017〜2018
2016〜2017
2015〜2016
2014〜2015
2013〜2014
2012〜2013

2011〜2012
2010〜2011
2009〜2010

<HOME>
inserted by FC2 system