アマノガワ

○初の一般商業誌掲載作品。日の目が見れてまずは良かった。

●文字でも、ましてや言葉でかわすわけでもない再会の約束。織姫と彦星の物語。

〇雰囲気が命の漫画なので、トーンを極力排してモノクロームのイメージに徹した。
●その他もろもろ、初めてやる手法が多かったがなんとかやれたとは思う。
○かなり終盤まで決まらなかったのだが、タイトル「アマノガワ」はわりと気に入ってる。

●印刷段階に至って、エロの時には一度も言われた事のない作画関係の基底的な部分に駄目出しされて俺困惑。
○善い悪いは別にして、出版社ごとに本当にやり方が違うんだなあと思う。



<戻る>
<進む>

inserted by FC2 system