海神

『おまかせ!!レビアたん』『リアクト!』『イカとメロン』『アレイズ!』『旅人 の自由亀甲』『本能と冷凍庫』『チェイン!』『三バカとホルマリン』収録。

●記念すべき初の商業誌掲載。僕の実質的なデビュー作にして(現時点での)代表作

○第一話の「おまかせ!!」は某阿吽第28回新人漫画賞入選。その後、ほぼラグなしに次話を発表することが出来たことでこの作品の方向性が決定した。
●すなわち、無駄な話は一編たりとも描かない。というか実は最初から 密かに、長編として成立させるためのこういう 展開形式にすることを狙っていた(ド新人に
  いきなり連載枠をくれるほどこの業界甘くは無い)ため、描くわけにはいかなかった。
○だから、この「LeviAThaN」という作品を創るにあたって決めた唯一の戒律は
「最初っから出し惜しみナシ、全力戦闘、その時点での使えるネタは全部その時に使い 切る」 である。

●描き始めから決定していたのは正宗の顛末くらい(この巻の中表紙で 彼の目が半分赤いのはそれが理由)で、その他のエピソードを構築する方法論は「ヤクヤ」で
培ったものを自身のバランス感覚によってその時々に制御するやり方を採用している。くだけて言うと「いきあたりばったり」
○一例を挙げると、全編通して最重要人物の一人である「小烏楓」というキャラクタは初登場の「チェイン!」のプロット段階においてすら、実は存在していなかった
少年と未亡人の二人だけでは場が持たない気がして急遽追加したキャラなのだが、コンテ時においても人物の設定画すら存在しない。外見的な造形は下書き時に
描きながら決定していったと言うゆるゆるな有様。今考えるにつけ、も しこのキャラが登場していなかったらと思うと肝が冷える。
●大体において「チェイン!」はかなり重要なエピソードなのだが、描き始めの動機自体は「なんか未亡人のエロ描きてぇ」というどうしようもなくアホみたいなものであり
そういったその場の勢いみたいなのを生かしつつ、さりとてストーリーとキャラを破綻させず、そもそもエロマンガとして成立させるために最も適した長編漫画 形 態はこの
連関集束型オムニバス形式
ではないかと思う。これはわりと自信を持って言える。

○このシリーズに関しては話したいことが山ほどあるのだが、ホント長くなりすぎるのでいったん終了。そのうちエピソード別解説みたいのをちょこっと追加し てみたい。

<戻る>
<進む>

inserted by FC2 system