ヤクヤノカバネVol02

○最初は、技名とか呪文とか唱えて手のひらからなんか出すライトファンタジー的なやつ描くぞ〜、と思っていたのだ が、結局「魔法」の存在自体が世界設定と 密接
に関係する展開になったため、根底の方ではあまりお気楽な漫画とは言い難い。

●特筆すべきはその作劇手法。世界設定・メインキャラクターの設定と性格等・最初から決めてたのはそれぐらいで、描き始めた当初どんな展開にするのか、ど ういう
結末にするのかまったく考えてなかった。(図書館での戦闘も、実は完 全な成り行きである)
○前回の「ピエッタ」で使ったキャラクター先行での作劇構築をさらに 推し進めた形。言うなれば各々のキャラクターが動くに任せた擬似叙述的な 手法。

< 戻る>
<進む>

inserted by FC2 system