ヤクヤノカバネVol01

○そんなのにかまけてる時期でも場合でもないのに、ここにきて何を思ったか突然長編を描き始めた俺。

●過去作『電波塔の 魔法遣い』の寸評で「SFならではの設定の練りこ みや世界観の描き込みに執念を感じさせてほしかった」というのがあって、そんなら証明して
やろうじゃねえかと半ば意地になって始めた。…というのは多分言い訳。苦しい腰抜けである。

○過去作の続編でスターシステム、ヒキコモリ要素満載。
●しかし、後の「LeviAThaNシリーズ」という長編作品を構築する上で、この作品は不可欠だったと思いたい。

<戻る>
<進む>

inserted by FC2 system