電波塔の魔法遣い

○テーマの複数同時進行という手法は手間の割にはまったくと言ってよいほど反響がないということが「ギガトン」の時に証明されてしまったので、構成を極力 シンプルにした作品。
作画に関してもフィキサチーフで鉛筆の線を残し、あまり重くならないようにした。

●コミティアでの反応もよく、ダメもとで某四季賞に投稿したら佳作を 貰った。でも、ものすごく複雑な気分。くやしいッ。ビクンビクン。
○2006年に復刻版と称して俺的タブーであったオフセット印刷を敢行、…2009年現在、今だ在庫あり(泣)。ビクンビクン。

●その後。電脳つながりのアイデアとして当時の某談社担当に『電波神社縁起(仮)』と いう企画書を送ったが、ノーリアクション。…ビクンビクン(怒)。
○ちなみに「電波神社」は『Behemoth(ビヒモス)』のメイン エピソードに位置する話で、『LeviAThaNシリーズ』の対とな る存在と想定している。
●「LeviAThaN」の方が先に世に出てしまったが、なにがあっても、必ず描く

○あと、この画像の裏表紙右下段の「2004」は「2002」の間違いだって今気付いた。

<戻る>
<進む>

inserted by FC2 system